女性の5人に1人が経験する「膣カンジダ」とは?

「膣カンジダ」は、膣内の常在菌・カンジダという真菌の異常増殖で生じる膣炎で、女性の約5人に1人が経験する病気です。疲労やストレスなどちょっとした身体の変化や免疫力の低下などが原因で発症し、治癒してもまた再発しやすい病気なので注意が必要です。特に疲労やストレスが原因となり、膣の自浄作用が低下して膣炎を発症し、膣カンジダになってしまうケースがあります。

自浄作用が低下してしまう要因には、免疫力の低下や女性ホルモンの変化、デリケートゾーンの衛生状態などが関係しています。それには風邪や病気、疲労、睡眠不足などの免疫力の低下に加え、デリケートゾーンの不衛生、デリケートゾーンの洗いすぎ、ビデの使用、下着の締め付けなどが含まれます。デリケートゾーンにかゆみを感じたり、オリモノにさまざまな異常が起きているなどの症状があるなら、膣カンジダかもしれません。

膣カンジダの症状とは?

膣カンジダを発症すると、オリモノに異常な症状が現れます。まず色が白やクリーム色をし、チーズ状・オカラ状・ヨーグルト状のポロポロとしたカスのような状態が見られます。また、オリモノの量が増え、酸っぱいチーズ臭いニオイを発生します。オリモノ以外では、外陰部の強い痒みが生じます。

この痒みは外陰部から膣部にかけて痒くなり、耐えられなくて傷ができてしまうまで掻いてしまう人も中にはいます。そのほかの自覚症状としては、外陰部にヒリヒリと焼け付くような痛みや排尿痛、性交時の痛みなどが挙げられます。

膣カンジダの治療法とは?

膣カンジダをそのまま放っておくと、重大な疾患につながる危険性もあるので、症状が悪化する前に病院を受診し、適切な治療を受けることは大切です。膣カンジダの治療法は、まず膣内を洗浄し、オリモノやカンジダ菌などの残骸を洗い流します。その後、1日1回、抗真菌薬の膣錠を挿入します。治療期間はおおよそ1週間前後ですが、2~3日経過すれば症状は改善するケースが多いようです。

外陰部にかゆみがある場合は、膣剤と併用して軟膏などで治療していきます。膣カンジダは自然治癒することは難しいので、再発を繰り返さないためにも病院を受診し、しっかり完治させましょう。また、体の抵抗力が低下していると発症しやすいので、生活習慣を見直し、免疫力アップを心がけましょう。さらに、デリケートゾーンの環境を見直して、いつも清潔な状態を維持するようにしましょう。