デリケートゾーンとは?

近年一般的となってきましたが、よく耳にする”デリケートゾーン”とは、どこの部位なのでしょうか?主に女性に対して使われる言葉ですが、陰部や性器のあたりを指して使われています。

(ちなみに場合によっては、男性に対しても使っても問題はありません。)この言葉の起源は、雑誌で特集されたことがきっかけとなったようです。「delicate zone(デリケートゾーン)」は、和製英語であり、正しくは「female(女性) genital (生殖器)area(部位)」と表記されるので、女性に対して使われる意味合いが強くあります。

女性の悩みの種となるデリケートゾーン

20~50代の女性を対象としたデリケートゾーンの調査によると、約5人に1人がかゆみや黒ずみ、おりもの、ニオイ、ムレなどで悩んでいるという結果がでました。しかもデリケートな部分なので友達などに相談することができず、一人で悩みを抱えている方がほとんどです。たとえばその中のひとつ、デリケートゾーンの黒ずみに悩まされている方は、おうちで誰にもバレずにこっそりケアできるクリームがおススメです。

デリケートゾーン専用のクリームを使い、セルフケアを毎日続けるなら、透明感のある美肌を目指すことが可能です。海外ではデリケートゾーン専用のクリームを使ってセルフケアをすることは、女性の常識となっています。しかし、日本女性のデリケートゾーンのケア意識は、海外と比較すると低いのが現実です。デリケートゾーンのケアを習慣化し、モチベーションをアップさせてみませんか?

デリケートゾーンを清潔に維持する正しい方法

デリケートゾーンを専用のクリームでケアすることも大切ですが、正しい方法で清潔な状態維持することは基本です。では、どのように正しい方法で洗えるでしょうか?ナイロンタオルで直接ゴシゴシ洗ったり、爪を立てて洗うこと、直接石けんをつけて洗うことなどはNGです。顔を洗う際、石けんを泡立ててやさしく洗うように、デリケートゾーンも石けんの泡で指の腹を使ってやさしく汚れを落とすようにしましょう。

その際、中まで洗いすぎないように注意することも大切です。また石けんは低刺激性や弱酸性、もしくはデリケートゾーン専用の石けんの使用がおススメです。ご自身の体に合った石けんを選ぶようにしましょう。さらに気を付けたい生活習慣として、ナプキンをこまめに変えることや通気性の良い下着を付けること、ストレスを溜めない規則正しい生活を送ることなどもデリケートゾーンに大きな影響を与えますので気を付けましょう。