ストレスが肌に与える悪影響とは?

現代人の多くが、多忙な生活を送っているためストレスを抱えています。そのストレスを溜め込んでしまうと、肌の状態は悪化し、肌トラブルを招きます。それは顔だけでなく、デリケートゾーンの黒ずみにまで影響を及ぼします。では、なぜストレスは肌の状態に悪影響を与えるのでしょうか?

それは、ホルモンバランスが密接に関係しているからです。ストレスが溜まることでホルモンバランスが乱れ、その結果皮脂が過剰に分泌し、毛穴の開閉が行えなくなってしまい、肌が黒ずんでしまうのです。ストレスにはいくつかの種類がありますが、その中でも気持ちの不安定やプレッシャーなどの精神的ストレスと、環境が変わることで受ける環境的ストレスが肌トラブルを招くと言われています。

肌への刺激も黒ずみの原因に!

デリケートゾーンの黒ずみで悩んでいる女性は少なくありません。ワキや太もも、お尻、乳首、ビキニラインなどいつも洋服で隠れている部分なのに、お風呂などでよく見ると黒ずんでおり、誰にも相談できずに悩んでいるようです。デリケートゾーンはなぜ黒ずみになりやすいのでしょうか?

それは皮膚が薄くて刺激に弱いからです。特にデリケートゾーンの皮膚は、まぶたよりも薄く、ダメージを受けやすいと言われています。普通以上に刺激に弱いことに加え、いつも下着で覆われているため摩擦が生じ、毎日刺激を与えています。そのため、皮膚は刺激から守ろうと過剰にメラニンの生成を促し、それが色素沈着してしまうことで黒ずみとなってしまうのです。

デリケートゾーン専用の黒ずみ解消クリームでケアをしよう!

デリケートゾーンの黒ずみは、専用の解消クリームで改善することが可能です。さまざまな専用クリームが市販されているので、どれにしようか悩んでしまう方は次の2つの点をポイントに選ぶことができるでしょう。まず1つ目は、美白成分が配合されているかチェックしましょう。

厚生労働省が認可している黒ずみに作用する美白成分は、「トラネキサム酸」と「ビタミンC誘導体」です。これらの成分は肌への刺激も少ないのでデリケートゾーンでも安心して使えます。2つ目のポイントは、お肌にやさしいことです。美白効果があることに加え、肌への刺激が少ない、やさしい製品を選ぶようにしましょう。可能ならアルコールや界面活性剤、香料、着色料、パラベン、鉱物油などの添加物が含まれていないものを選びましょう。