デリケートゾーンのかゆみの原因とは?

デリケートゾーンのかゆみの原因は、大きく2つに分けられます。それは「かぶれ」と「感染症」です。かぶれの場合は、汗やムレ、下着など肌に触れる繊維が肌に合わないなどさまざまな原因でかゆみが生じます。特に生理中のデリケートゾーンは、肌がいつも以上に敏感でムレやすくなっています。

こまめにナプキンを取り替えて、清潔な状態を維持するよう気を付けることでかゆみが軽減されるでしょう。一方、感染症の場合、細菌やウイルス、カビ(真菌)などの病原体に感染することでかゆみを引き起こします。では、それぞれの原因をさらに詳しくみてみましょう。

「かぶれ」によるかゆみの場合

デリケートゾーンのかぶれは、主に外部からの刺激や摩擦によって炎症を起こしている状態で、”接触皮膚炎”と呼ばれています。デリケート部分を含めすべての皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3つの層で構成されています。一番外側である表皮が刺激や摩擦から皮膚を守り、バリアする働きをしていますが、バリア機能が正常に作用しないと刺激を受け、かぶれが生じてしまいます。原因となる刺激や摩擦には、皮脂や汗、乾燥などが挙げられます。

また、女性の場合、生理中のナプキンやタンポンのヒモ、経血によるムレなどもかぶれを引き起こす原因となります。かぶれが生じないようデリケートゾーンを清潔な状態に保つことはもちろん、デリケートゾーン専用のクリームを使ってケアすることで、かゆみや黒ずみなどデリケートゾーン独特の悩みを解決することが可能です。

「感染症」によるかゆみの場合

感染症によるかゆみの場合、主に性的な接触が原因で感染症に感染し、デリケートゾーンにかゆみを引き起こします。特に粘膜部分はバリア機能が弱いため、感染症を起こしやすいウイルスなどが入りこみやすいため、感染症にかかるリスクが高いと言われています。もしひどいかゆみを感じるなら、感染症の可能性があるので、婦人科を受診されることをおすすめします。

また、下着の繊維やナプキンなどが肌に合っているかどうかを見直してみるようにしましょう。皮膚をかきすぎてしまうと、その刺激で皮膚のメラニン細胞が活性化し黒ずみやニオイを引き起こす原因ともなります。デリケートゾーン専用のクリームでケアすることは、かゆみや黒ずみの予防となり、もはや女性の常識となりつつあります。この機会に、デリケートゾーンのケアを毎日の習慣としてみるのはどうでしょうか?